基礎代謝が低下して太った男性がダイエットをする時のポイント

10代や20代の時は基礎代謝が高い状態なので太ってしまう事があまりありませんが、30代になると急激に基礎代謝が低下してくるのであっという間に内臓脂肪が蓄積されていきます。

それによりメタボ体型になってしまい健康面でも大きな問題が発生してしまう事があります。

健康面の事を考えていろいろな方法でダイエットをしていきますが、ポイントになる点があるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこで基礎代謝が低下して太ってしまった男性がダイエットをする時のポイントを挙げていく事にしましょう。

良質なタンパク質を摂取する

基礎代謝が低下して太った時は高タンパク低カロリーを意識して食事をする必要がありますが、タンパク質にもいろいろな種類があるので注意が必要です。

肉類などにもタンパク質が含まれていますが、脂質も含まれているので高カロリーになってしまいます。

基礎代謝が低下して太ってしまった男性がダイエットをする時は低カロリーの魚や大豆製品など良質なタンパク質を摂取する事が大切になってきます。

良質なタンパク質を摂取する事で基礎代謝が上がっていき脂肪燃焼効果が高まってくるので効率良く体を引き締めていく事が出来ます。

筋肉の量を増やす

基礎代謝が低下しているのは筋肉の量が減っているのも原因になっています。

筋肉の量が減ってしまうと脂肪が蓄積されやすくなるので太りやすい体質になってしまいます。

基礎代謝が低下して太ってしまった男性がダイエットをする時は筋肉の量を増やしていく事が大切になってきます。

筋肉の量を増やしていくには筋トレをする必要がありますが、フィットネスクラブにある器具を使用する必要はありません。

腕立て伏せ、腹筋運動、スクワットなど自宅で出来る筋トレを毎日続けていくだけで筋肉の量を増やしていく事が出来ます。

最初は10回3セットから始めて体が慣れてきたら回数を増やしていくと筋肉の量が増えてきて脂肪が蓄積されにくくなります。

それにより体が引き締まってダイエット効果を実感する事が出来るようになります。

基礎代謝が低下して太ってしまった男性がダイエットをする時は良質なタンパク質を摂取する、筋肉の量を増やすの2点を意識して取り組んでみるといいでしょう。